デリケートゾーンの黒ずみをレーザーで治すという選択!

「デリケートゾーンの黒ずみを薄くしたい!」と思い立ったときに、対策として何が思い浮かぶでしょうか。

 

デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームなどを使ってみる。

 

皮膚科に相談に行ってみる。

 

クリニックでレーザー治療をしてみる。

 

選択肢は色々ありますが、手軽にできるものといったら、クリームを塗ることではないでしょうか。

 

しかし、クリームも肌に合わなかったり、長期的に使わないと効果がわからなかったりと、根気が必要なものでもあります。

 

皮膚科やクリニックに通うのは、時間とお金がかかりますが、その分デリケートゾーンの黒ずみに対しての効果はあるのでしょうか。

 

今回はデリケートゾーンの黒ずみケア対策として、レーザー治療を行うとどうなるのか、気になる価格や効果などを調査していきたいと思います。

 

<デリケートゾーンの黒ずみにレーザー治療は有効なの?>
デリケートゾーンの黒ずみが気になった時、手っ取り早い対策として、専用クリームを購入して使ってみたという方も多いことでしょう。

 

それでも効果を感じず、専門家に治療を頼むというのは自然な流れですよね。

 

風邪をひいて、自宅で治療をしていたけれど、改善が見られないので、病院に行くのと同じようなことです。

 

デリケートゾーンの黒ずみは、レーザー治療で綺麗になることが見込めます。

 

しかし一度だけの治療で、黒ずみを綺麗にするのは難しいので、何度かサロンに通うことになります。

 

レーザー治療で黒ずみを改善する方法は、ざっくりいうと、レーザー光線を、皮膚の深くまで到達させ、デリケートゾーンの黒ずみの元となるメラニン色素を破壊します。

 

この破壊されたメラニンは、ターンオーバーと共に表面に浮き出て、そして剥がれていきます。

 

この治療を繰り返し行うことで、黒ずみを薄くしていくのです。

 

レーザー治療は、デリケートゾーンの黒ずみのもとである、メラニンめがけて照射を行うため、肌自体には負担がないとされています。

 

しかしレーザー治療をしたとあとも、きちんとケアを行わなければ、またメラニンや角質などが蓄積されていってしまうため、日頃のケアは欠かせません。

 

<レーザー治療の種類>
ポイント1:レーザートーニング
レーザートーニングは、米国社の医療用レーザー機器で治療を行っていきます。

 

弱いレーザーで照射をし、Vライン、Iラインの黒ずみケアに適しています。

 

麻酔を使わずに照射をしていきますが、その際に、はじいたような痛みを感じることもあるようです。

 

サロンなどで脱毛を行ったことがある方は、それを想像していただけると良いかと思います。

 

価格は、各部位10000円〜20000円ほどとされていますが、1度では終わらないので、総額でいくらかかるのかというのは実際にクリニックに相談してみるのが確実です。

 

ポイント2:Vホワイトニングインティマレーザー
Iラインの表面や、内側の黒ずみをケアしていきたい方はこちらの治療となります。

 

デリケートゾーンの内側から黒ずみを改善していく治療のため、麻酔クリームを使い、皮膚の角質を削りとっていきます。

 

角質が蓄積され分厚くなっている部分を削りとるので、1回で効果を感じる方も多いようですが、痛みがやや続くということもあります。

 

価格は1回98000円〜となり、高額ですが、1度で効果実感できるという方が多く、早く終わらせたいという方に向いていると言えるでしょう。

 

<デリケートゾーンの黒ずみをレーザーで治すという選択!:まとめ>
デリケートゾーンの黒ずみをレーザー治療で治す場合は、クリニック選びもとても大事です。

 

その際はネットの口コミを参考にしたり、実際に周りで通っている方がいたら聞いてみるのも良いでしょう。

 

レーザー治療は、時間とお金がかかる治療です。

 

価格帯もそうですが、きちんと説明をしてくれて、こちらの疑問に答えてくれるなどと「ここなら任せられそう」というクリニックを見つけてかかるのが良いでしょう。

 

>>ハーバルラビットは薬局で買える?【販売店を徹底調査!】